03-6684-4211

通販向け新聞広告

通販向け反響広告に興味がある方はこちら

媒体社の方はこちら

ネット広告で集客した顧客に関しては、どうしても1年でLTVを考えないと収益性が見込めない。
ただ、実際にはその1年も最近は危ないと考えている。

だったら、高いLTVを見込めるシニア層を獲得した方が、
利益が安定するのではないか。

新聞広告という言葉を聞くと読まれる方が急激に減ってきてオワコンというふうに考えているEC・D2Cマーケッターが多いという印象を受けます。
ただ、新聞の総発行部数は約3,509万部でシニア人口の3640万人に対して全ての方が購読しているとは限りませんが、シニア層へリーチするには圧倒的なリーチ力を誇ります。

また、スマホ社会においても新聞を定期購読するというのは、新聞の定期購読に対してお金を支払う余裕のある可処分所得が高いシニアであり、
比較的商品を買ってもらいやすい層と言えます。
更には新聞に対する読者の信頼性が高いということと新聞自体が持つ社会的な信頼性という観点から、
商品・サービスへの信頼性が高いかどうかを購入動機のひとつになるシニアにとっては新聞に掲載されている商品なら購入に対する躊躇感が減るため、
購入されやすくなります。このような観点からもシニア向け通販を展開する際には新聞広告は非常に大切な販路となります。

シニア向けフリーペーパーは、新聞広告などに比べて審査基準が緩和されていることと、
勝ちクリエイティブを構築するために何回かテストをしてブラシュアップしていくには
小予算(1回の出稿にて25~35万円)で実施できるので非常にやりやすい
媒体ジャンルになります。

新聞広告が単品通販会社に選ばれる理由

理由1:小予算(20~30万円/回)からテストすることが可能であることと、
勝ち(=費用対効果の高い)ができ、完成した際には長く同じクリエイティブで広告ができます。
(数年間同じクリエイティブを活用している通販会社もございます。)

理由2:勝ちクリエイティブによって全国紙の展開が可能になると一気に事業を拡大できることです。

理由3:新聞に広告を掲載するという信頼性を勝ち取ることにより、
他の商品にも良い影響を与えることができることです。

通販広告における、新聞広告への出稿基準

以下の基準に当てはまるシニア向けフリーペーパーを実施することをオススメします。

見極めのコツ1:他の通販企業が継続的に出稿している
「健康食品・化粧品」、「食品」、「その他」と3ジャンルに分けて
該当するジャンルで継続的に出稿しているクライアントがいること

見極めのコツ2:部単価が通販クライアント金額を提供しているか。
テストをするなら1回18~30万円ぐらいで実施できる広告が
オススメです。ただし、部数には注意してください。

見極めのコツ3:新聞で通販実績の多い広告会社かどうか。
新聞は最初に御見積を依頼する際に、やり方を間違えると単価が高いままになる。
通販実績が多い広告会社に依頼すること

シニア通販向け新聞広告.net

03-6684-4211

ここで紹介した成功事例はほんの一部です。
シニア通販向け新聞広告、新規顧客の獲得でお困りの方はこちらのフォームからお問い合わせください

媒体社の方はこちら

無料で資料請求する

FAQ

Q:どの新聞のどの広告枠からテストを開始するのがいいのでしょうか。

A:初回購入のオファー単価や商材によって、選択する広告枠が変わってきます。
 そのため、初回オファーの金額と商材を説得するのにかかる文章量のバランスによって
 広告サイズを選ぶ必要がございます。その後に、どの新聞から展開するかを考えたほうがよいです。

Q:新聞広告における制作費はどれくらいでしょうか。

A:デザインだけからでよいのか。コンセプトから全て考えるのかで大きく変わります。
 また広告サイズによっても変わります。15万円~40万円ぐらいで予算をおさえればよいと思います。 

Q:新聞広告は審査が非常に厳しいのでしょうか。

A:新聞広告に審査は厳し目です。読売新聞、朝日新聞などの全国紙のほうが審査基準が厳しいです。

シニア通販セミナーを定期的に開催しております。

高いLTVを見込めるシニア層を集客するために
2021年以降に発行した紙媒体(会員誌・フリーペーパー)150誌に出稿した通販企業様の広告をチェックし、
そこから導き出された「最新の勝ちクリエイティブにおける共通パターン」と
CPAが見込めるテストすべき媒体の実情と分析結果を報告します。

※ご興味がございましたらこちらから詳細をご確認くださいませ。

シニア通販向け新聞広告.net

03-6684-4211

ここで紹介した成功事例はほんの一部です。
シニア通販向け新聞広告、新規顧客の獲得でお困りの方はこちらのフォームからお問い合わせください

媒体社の方はこちら

無料で資料請求する